埼玉から「試す」アプリムに挑戦!【NBS活動報告】

s__565254
LINEで送る
Pocket

こんにちは!いせこです。

皆さんは「自分の力を試したい」と思うことはあるでしょうか。私は最近、自分の免疫力を試すべく、わざと窓を開けて寝たり、冷水でシャンプーするなど、およそ正常な文明人が送るべきでない生活スタイルを満喫しています。

そうして、腹痛と鼻づまりに苦しみながら今は療養中というわけです。風邪は数日で完治するでしょうが馬鹿は一生治りません

さて、埼玉大学NBSではビジコン「「試す」アプリム」への挑戦を行っています!

今回は私共がどのようなきっかけでビジコンに参加し、どのような活動を行っているのか報告したいと思います。試すのは免疫力ではなく己の覚悟と仲間との絆です。

「試す」アプリムとは

「試す」アプリムは学生団体「applim」が企画、運営するマーケティングコンテストです。

私達が参加するのは第8回でお題は

「イメージが薄れているロングセラー商品・ブランドを復活させる、プロモーション体験を考案せよ」

です。かなり実践的なコンテストであることがわかります。

協賛企業にはIMJ GROUP、アクセンチュア、アカツキなど有名企業が並び、メディア協賛としてLINE株式会社の名前もあります。

学生は3~6名で1つのチームを作り、アイデアを競わせます。

今年は約70のチームがエントリーしており、かなり競争の激しい戦いになっているようです。

なぜ参加するのか

埼玉大学NBSは「様々な体験を通して視野を広げ、大学を出てから社会に貢献できるような人材を育てる」という目的を持っています。

学業以外の体験として特にビジネス、企業との関わりを重視しているため「企業と学生を繋ぐ架け橋」となることで先述の目的を達成しようと考えています。

そのため、これまで企業と一緒にプロジェクトを行う事や、県内企業へインタビューを行ってきました。今回マーケティングコンテストに参加するのも、大学の座学だけでは学べない実践的な知識を得るためです。

しかし何といっても他の学生とわかりやすく競争出来るという点が魅力的です。自分の力がどの程度通じるのか試したかった…まさに「試す」アプリム!

各チームの活動風景(チーム「本丸責め」/チーム「名前はまだない」)

埼玉大学NBSからは2チーム参加しています。

チーム本丸責めは「人生ゲーム」のマーケティングを、チーム名前はまだないは「写ルンです」のマーケティングプランを企画しています。

「本丸責め」では私「いせこ」、「H.M」を筆頭に女子力と狂気さをさながらルーレットのごとく繰り返す活動をしています。

s__565254

(ルーレット)

s__565256

(女子力)

s__565253

(狂気)

s__565267

(女子力)

才能の無さを可処分時間の全力投入で補うスタイルで「理不尽さの中に見る究極の合理性」「勝てばよかろうなのだ」が合言葉です。

一方の「名前はまだない」はNBS副代表の「たにこ」、そして「どん」が率いるハイセンスで才能に溢れまくるチームです。チーム名からしてもう何でしょう…スカしています。

s__7413908

(モノクロでgifってる)

「活動風景の写真ちょうだい」と言ったら上記のモノクロの写真が出てくるあたり美的感覚が私より優れているのだと思います。会議のほとんどをSkypeで終わらせるとかもう何でしょう…スカしています。

最後に

これからも私たち埼玉大学NBSは様々な活動を続けていき所存です。

今参加しているマーケティングコンテストの結果が出ましたらまた報告したいと思います!

 

 

この記事を書いた人

いせこ
いせこ
NBSの窓際族。窓際に居るがゆえに誰よりも早く天候の変化に気づく。晴れなら仕事そっちのけで畑を耕し、雨ならこれまた仕事そっちのけで本を読む。
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です