Pokemon GOの人気を考えてみる

169
LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは!かねぽんです!皆元気にポケモンゲットしてるかな?
私は通学やお出掛けのときについでに起動して振動したらポケモンゲットしています。そんなながら遊びなものでまだ11レベル。ジムリーダーを倒せるようになるのが目標です!

さて、大人気のPokemon GOですが、公開から一週間をすぎました。その爆発的な人気から、ポケモンGOを批判した人が炎上したり一部のプレイヤーのマナーの悪さが取りざたされ、批判を受けたりしています。

なにがそんなに人々を熱狂に駆り立てるのか?
この記事ではそんな爆発的ヒットの理由について三つの要素を考えてみました。

①既存のスマホゲームと違うダウナーさ

引用:【10分対談】「Pokemon Go進化のひみつ」ゲームアナリスト平林氏x尾原 和啓 ザ・プラットフォーム

この動画はPokemon GOについて語られている対談で、題には【10分対談】とあるのですが、47分程度の大長編の動画です。詳しい内容は、是非動画を見てもらうとよいかと思います。スカイプ対談なので聞きにくい部分がありつつ興味深い内容を話されています。

ちなみに動画で何回も言及されるIngressはPokemon GOを作った会社のナイアンティック社が生んだ位置情報ゲームのことです。Pokemon GOはこのIngressのポータルをポケストップというゲーム内のチェックポイントにしています。詳しくはWikipedia参照。

さて、動画の最後の方で、「脳科学的に幸せは二種類ある」というお話がされます。

氏いわく、幸せは
アッパーな幸せとダウナーな幸せ
の二つがあるとのことです。動画の中では前者をフライドポテト、後者をだしとして例えています。

アッパーな幸せとは、フライドポテト→食べるとドーパミンがでてくる!→どんどん食べたくなる!→でも食べ過ぎたら肥満になる。長期的に続くものではない……

既存のスマホゲームの課金モデルはこちらが主流でした。どんどんお金をつぎ込むことでどんどん強くなりますが、お金は有限。どこかで限界が来ます。
一方、

ダウナーな幸せとは、おだし→ずっと幸せで満足→長く飲まれる

ダウナーな幸せは100年続くビジネス生む、とのこと。友達と遊べる共同の幸せは持続的であるので、ストレスも減らします。Pokemon Goの課金モデルはこちらに近い、と言及されています。課金が必須ではなく、なくても楽しめます。そうした中で、課金してもいいかな?と考える人が適度にお金を落としていく…

ちなみにこれって本当に儲かってるのでしょうか?
Forbesによると、アメリカの調査会社SuperDataが、ポケモンGOはこれまで総額1,404万ドル(約14億4,400万円)の売上を達成していると報告したことが伝えられています。ものすごい!
ちなみに ポケモンGOを作った男、ジョン・ハンケ独占取材 「忙しすぎてレベル5」 という記事によると、ゲーム収益は、ナイアンティック、ポケモン社、任天堂の3社で分配することで合意されているそう。

②ノスタルジーを呼び起こす151匹

Pokemon GO、実はメインのプレイヤー層は18~29歳。スマートフォンを持つ世代が熱心にPokemon GOをやっています。

全ユーザーの46%は最初のポケモンブームの洗礼を受けた18~29歳の世代で、18歳以下のユーザーが22%居るのに対し、50歳以上は6%に過ぎない。利用者のほぼ90%が大都市やその郊外に居住しており、人里離れた地域の利用者は10%しか居ないという。

引用:ポケモンGO利用者、米国では女性が6割超 「大卒で年収9万ドル」の調査結果 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

なんででしょうか?それは『懐かしい』から!

ポケモンて、思えば長くやっていませんか?一体いつから始まったのでしょうか?

引用:ポケモンの歴史~20年の歩み~part1

こちらの動画、Part8までありますが、一つ15分で字幕もあるし通称ゆっくり(合成音声)による読み上げもあるのでさくっと見れます。

なんと、この動画ゲームフリークの設立から解説をされており、様々なメディア展開されたことなど、かなり詳しく紹介されています。かなり面白くておすすめです。ちなみにニコニコ動画にもあります。

ポケモンは20周年。今でこそ770匹いるポケモンですが、初代ゲーム赤・緑では151匹。Pokemon GOではこの151匹がでてきます。今後追加の可能性もあるとのことですが、一番慣れ親しんだ151匹が出てくる。アツい。

引用:ポケモンED ひゃくごじゅういち

昔初代ポケモンが発売され、遊んでいた小学一年生はいまや27歳…

③アメリカでウケて、日本でバンドワゴン効果

2014年、エイプリルフールの日。Googleはなんと!

Google Map上にポケモンが出現する というユーモラスな企画を決行!

これは大いにウケ、日本ももちろんアメリカでもエイプリルフールの話題をかっさらいました。

そして、Pokemon GOが2016年、リリース。

アメリカで先行リリースされたことに対し、日本国内では「なんでポケモンは日本発なのに日本が最初じゃないんだ!!」との声もありました。むしろ私が思っていました。
日本での公開が遅れた理由はマクドナルドがスポンサーとして提携し、その準備が遅れていたからと言われていましたが、この遅れはますますPokemon GOに対する期待を高めました。

そして2016年7月22日朝10:00、ついに、ついに公開!!

待ちわびたぜぇとばかりにダウンロードされたPokemon GOは、ダウンロードされすぎてサーバーが重くなる事態に。日本でも無事に(?)爆発的な人気を呼び起こしました。

さて、ここで経済学部の諸君は耳にしたことがあるであろう「バンドワゴン効果」を考えてみましょう。

バンドワゴン効果 
バンドワゴン効果とは、ある製品に多くの需要がある場合、個々人のその製品に対する需要が大きくなる効果です。「バンドワゴン」とは行列の先頭をいく楽 隊車を意味し、バンドワゴンに乗る」とは、時流に乗る、多勢に与するということを意味します。バンドワゴン効果の背景には、個人の判断よりも集団の決定が 正しい(多くの人が買っているものはいいものに違いない)という思い込みがあることが考えられます。多くの流行やヒット商品にバンドワゴン効果が作用して いるといえます。また、バンドワゴン効果は、政治学のマスメディアなどによる報道が投票行動に影響を及ぼす「アナウンスメント効果」の説明のひとつとして も用いられています。優勢だと報道された候補者を支持するように態度が移っていく「なだれ現象」の例として挙げられます。

引用:J-marketing.net

ミクロ経済学と政治学では用途と意味合いが異なるこの用語ですが、わかりやすいようにマーケティングの観点からの説明を引用してきました。
簡単にいうと、「みんなやってんぜ!私もやりたい!」「おれもおれも!」となるのがバンドワゴン効果のことです。流行は大体これです。みんなやってるから何が魅力なんだと興味を持ったり、共通の話題を作るためにやってみたり…ということをマーケティングではバンドワゴン効果といって短くして言いやすくしてます。

Pokemon Goはまさにこの効果が出ています。時流に乗ってますね皆さん。ちなみに、日本人はこのバンドワゴン効果を受けやすい国民性を持つと言われています。

以上、Pokemon GOの大ヒットの理由を考えました。
もちろん、ほかにも色んな要素はあるでしょう。様々な人が様々な形でPokemon GOを楽しんでいます。初めて世界規模で多くの人が手に入れることになったARゲームであるPokemon GOの今後に期待ですね!

はぁ~レアポケモンほし~

【補足①】Pokemon GOによる株価の変動

以下、補足です。今回のテーマとは少しずれますが、Pokemon GOが注目される理由はその経済的影響も入ります。
Pokemon Go がリリースされ、任天堂の株価が爆発的に上がったことが一時経済ニュースをにぎわせていました。

しかし、その後、任天堂は公式hpで「Pokemon GOによる収益は限定的である」と声明を発表し、その後任天堂の株価は急落しました。大損をしてしまった投資家の方もいるようです。

少しニュースを追った人は知っているかもしれませんが、任天堂はPokemon GOの製作に直接的には関わっていません。

20160723-00000067-san-000-2-view

引用:Yahoo! ニュース 産経新聞より

なにが問題なのか?
Pokemon GOの収益のどの部分が任天堂の収益となるのかが不明確であることが問題でした。図でわかるように、任天堂は出資しているのですが、直接収益を得るのはナイアンティックとポケモン社。Forbesの記事によると任天堂もゲーム収入の配分を受けられるようですが、その配分比率は不明。
任天堂の株価はバブルかのように上がっていましたが、この構造を任天堂公式hpの声明によって気づかされた多くの投資家が任天堂の株を売りに出しました。

任天堂が販売元として、Pokemon GO関連商品、Pokemon GO Plusが発売予定だったのですが、こちらは9月に発売延期されました。このPokemon GO Plusの収益を期待していた投資家には「売り時を逃している!」と批判を受けることに。

goplus

引用:Pokémon Go will go live in July

【補足②】フリーミアムって何?

フリーミアム

フリー(無料)ビジネスの一つ。無料のサービスを多数のユーザーに提供し、高機能または追加された特別な有償サービスによって収益を得るビジネスモデル。とりわけウェブ上では、95%が無料ユーザーであっても5%の有料ユーザーがいればビジネスは成立することから、「5%ルール」を基本としている。…(略)

引用:コトバンク

スマホゲーム、webクラウドサービスなどが主にこのフリーミアムモデルに該当します。
例えば、ガンホーのパズル&ドラゴン。課金することで魔法石が買えてガチャをまわすことができます。そうするとより強いモンスターが出てきたりしますね。
例えば、DropBox。保存容量の制限がありますが、有料プランに切り替えることで、要領制限がなくなります。そんな風に、基本無料、オプションが有料になっているものをフリーミアムモデルと言います。

おまけ

埼玉大学の周辺のポケストップとジムを一部まわってみました。

ポケモンゴー_9859 ポケモンゴー_7098 ポケモンゴー_5004 ポケモンゴー_4343 ポケモンゴー_2450  ポケモンゴー_1537

学生諸君はポケモンのやりすぎで単位をおとさないように!!!笑

この記事を書いた人

かねぽん
かねぽん
埼玉大学のグローバル担当、たまに書記。永遠のダイエッター。餃子が好き。三食餃子でいける。グラタンも好き。グラタンは一日一回が限界。痩せたい。痩せて大学最後の夏に水着を着たい。やっぱそうでもない。
LINEで送る
Pocket

“Pokemon GOの人気を考えてみる” への 2 件のフィードバック

  1. アッパーな幸せとダウナーな幸せの両輪があってこそのポケモンGOなんですね。
    ミーハーなので飛びついてやってみたのですが、やっぱり楽しいですね(笑)

    わかりやすい解説でとても読みやすかったです^^

    1. コダックの名前は北京ダックさん、ポケモンGO楽しいですよね!
      解説についてお褒めいただき光栄です。コメントありがとうございます!(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です