知っているようで知らないTOEIC【前編】

2014032716337418
LINEで送る
Pocket

こんにちは!
埼玉大学NBSのどんです\(^▽^)/

始めて記事を書くので何から書こうか迷っていますが、
主に私の日常ネタ関連で更新していきたいと思います。

記念すべき初投稿はずばり!「TOEIC(トーイック)」についてです!
何がずばりなのかよくわかりませんが(笑)

私が最近TOEICの勉強をしていて、
食べている時も寝ている時も、満員の埼京線の中でも、
四六時中頭から離れない状態なので。。。
というのは盛りすぎですが、勉強し始めたということだけ分かっていただければ。

今回は学生があまり知らないTOEICの事実からおすすめの勉強法まで、
前編と後編に分けて書いていきます!

TOEICって?

 

恐らくほとんどの人が一度は耳にしたことがある「TOEIC」。
でも、TOEICってなんなんでしょう?

2014032716337418

TOEIC公式HPによれば、

Test of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト

その特徴は、

  • スコア評価で評価基準が変わらないこと
  • 世界150カ国で使用されているグローバルスタンダード
  • コミュニケーションとしての英語能力の評価

そんなわけなので、私たち学生にとってのTOEICは
進学や進級、就職活動に有利に働くイメージが一般的です。

でも、みなさん知っていますか?

実はこのTOEIC、最近では就職後の昇給や昇進、
海外プロジェクトへの参加や海外赴任、さらには転職活動にまで関与してくるんだそうです。

数字で見るTOEIC

 

2013年の「上場企業における英語活用実態調査」報告書によれば、
69.3%の企業が採用時にTOIECスコアを参考にしていると回答しているそうです。

また、将来的にTOEICスコアを昇進基準として利用する可能性があると答えた企業(一般上場企業)は45.2%だそうです。

スクリーンショット 2016-07-17 22.30.55

(画像引用:「上場企業における英語活用実態調査」報告書)

つまり、今後は人生のあらゆるターニングポイントで
TOEICによる評価が私たちを待ち受けている可能性がある!ということになります。

TOEICが就活に有利なのは知っていたけど、
そんなに長期的に求められるのかと思うとびっくりです。

ここまでくると、受けなきゃ。。。という気になってきますよね(笑)

でも、どうやって勉強するの?
英語は覚えられないし苦手!
受けてみたけどなかなか点数が上がらない、
そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。

次回の記事ではおすすめの勉強法について書いていくので、
楽しみにしていてください!

 

この記事を書いた人

どん
どん
埼玉大学編入生、自他ともに認めるポジティブ人間。ことあるごとに飲みいこ!が口癖な割にお酒が弱く、そのくせ人には飲ませようとするので危険。
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です